SPI試験の誤謬率と求人とは

求人とSPI試験

トップ

SPI試験の誤謬率と求人 

求人票のなかに筆記試験の記述があると、SPI試験が行われる可能性が高くなります。時事問題や数学、地理などの問題が大学卒業レベルで出題されます。SPI試験において調べられるものの中に誤謬率というものがあり、回答した項目のうち、不正解がいくつあるのか調べられています。不正解があると減点対象となります。誤謬率が確認されている場合には、分からない問題は回答しなくてよいなどの記述があるので、正解が思いつかない場合には空欄にするのも一つの方法です。求人内容によっては回答の精度が高いと好評価につながりますので、心に留めておくと良いでしょう。

SPI試験で確認される誤謬率 

気になる求人情報に応募した際、採用試験の第一関門となることが多いのがSPI試験です。この試験では社会人として必要な一般常識問題が出題され、数学や国語等の科目の習得度合いが確かめられます。その他、誤謬率(ごびゅうりつ)と呼ばれるものが調べられている場合もあり、これは不正解のパーセンテージをカウントするものです。不正解があると減点されるため,わからないところは無回答にしておくと良いでしょう。誤謬率が調べられている問題は、わからないところは回答しないよう指示があるので、試験の際に問題を注意してみることをお勧めします。良い求人を見つけて希望の職場に就けるよう、SPI試験対策もしっかりしておきたいですね。

求人,spi